So-net無料ブログ作成
検索選択

不思議word [mano2歳]

以前に行ったセミナーで、3歳は感性がピークの頃なので、おしゃべりが、
「ひとりぼっちなの」とか「ぎゅっとして」とか「さみしいの」などと、
どこで覚えてきたのかと思うようなwordを使うと聞きました。

それが4歳になると、人間ぽくなる、つまり大人のように考えていくから、理屈っぽくなるそうです。


確かに、会話の中にはテレビでも聞いたことがないであろう胸キュンwordや
ぷっと笑える言い回しが多くなってきたように思います。


今回はそんなmanoの不思議wordを無関係な写真とともにご紹介。^^;

DSC03370.jpg でこっぱち



テレビの影響で大きいのは「アンパンマン」
自分のことをよく「ぼく」「ぼくは~」と言っています。

家で違う階にいて、何か叫んでるから、「どうしたの~?」と聞くと、









「ちからがでないの~」









思わず「アンパンマンか!」と、つっこんでしまいました。



あと、ジャンプしてちょっと困った顔で、「とべへん!」(とべない!)と。
はじめ、何のことかわからなかったのですが、
「マントがないからとべへん!」と補足があり、ようやくわかりました。





20090515689.jpg 公園にて。

ダブルガーゼのブラウスは母の手作り。



おしゃべりも進化してきましたが、いまだに正しく言えないものも。

「触って」が、どうしても「すわって」に。
「座って」欲しいときは「すわって」なので、とてもややこしいです。

「ここすわってみ。」と言われて素直に座ると、「ちがう!すわってほしいの!」とmano。
「違うの?どこに座るの?」と聞くと、「ここにすわってほしいの!」・・・・

日常でこのような場面ってけっこうあって、本当の意味を理解するまでこんな押し問答が続きます。


あと、manoは「しましま」が言えません。なぜか。
でもちゃんと「しましま柄」のことはわかっているので、こう言います。












「ましまし!」  (笑)





DSC04066.jpg
昭和な子?




DSC04263.jpg
パパに似てるかしら?




私とけんかした後は、「なかなおりしよ~」と近づいてきます。
そんなこと言われたら、仲直りしないわけにはいきません。
お互いぎゅっと抱きしめ合います。^^



DSC04247.jpg
なぜにかぼちゃでそのポーズ?




DSC04385.jpg
ああ、顔が崩れる(笑)




DSC04424.jpg
ぶちゅっ!





以上、2歳9ヶ月の不思議wordでした。



nice!(1) 

nice! 1